筋トレでダイエット運動をする| ホーム | 豆乳のダイエット効果とは

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豆乳ダイエットと栄養素

栄養素的に見て、豆乳ダイエットはどのようなものでしょう。
大豆を水に浸け、水と共に潰して取り出した液体が豆乳と呼ばれます。
豆乳の原材料は大豆です。
大豆は様々な栄養がふんだんに含まれている健康食品であり、なおかつ低カロリーであることから健康維持に役立っています。

豆乳は大豆とほとんど変わらない栄養素を含んでいるのでダイエットの強い味方なのです。
豆乳の中の主な栄養素は、代謝を高めて肥満を防止するダイエットには欠かせない大豆タンパクと、その効果を更に高める大豆イソフラボンです。
レシチンや大豆サボニン、大豆ペプチドなどが大豆に含まれている主要な栄養成分です。
大豆サポニンは、脂肪や糖質の吸収を遅らせてくれる成分です。

一方、大豆ペプチドは食事後のカロリー消費を促進させ、体脂肪を燃焼させてコレステロール低下に作用します。
また大豆の脂質に含まれるレシチンには、善玉コレステロールを増加させる効果があります。
また、大豆イソフラボンは女性ホルモンであるエストロゲンという成分と酷似した成分として知られています。

ダイエットの最中のホルモンバランスと折りあいをつけるには大豆イソフラボンは役立ちます。
また、大豆イソフラボンはダイエットを助けコレステロール値を下げてくれます。
イソフラボンは大豆だけに含有される物質ではなく様々な植物に存在していますが、イソフラボンといえば大豆の代名詞となるほど大豆にはふんだんに入っています。

スポンサーサイト


筋トレでダイエット運動をする| ホーム | 豆乳のダイエット効果とは
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。