簡単にできる野菜スープダイエット| ホーム | スープダイエットのスープレシピ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スープダイエットのメリットとデメリット

スープダイエットのメリット1つ目は、やるべき事がシンプルでストレスが少ないダイエット法だという事です。
2番目のメリットとして、とにかく痩せられるということです。

ダイエットスープは、カロリーにして600~700キロカロリーほどです。
スープダイエットでは、時折食べるフルーツは500キロカロリー程度で、野菜類は300キロカロリー程度です。
スープダイエットの実施期間の7日間のうち、肉を食べない5日間に野菜スープと果物、野菜を食べたとしても1日のエネルギー摂取総量は1500キロカロリー未満となり、ほとんどの人は体重が減少する筈です。

ダイエットに関する基本的な知識も、特に必要とされてなく、誰でもすぐ始められることがスープダイエットのメリットのひとつでしょう。

スープダイエットのデメリットとしてあげられるのが、たんぱく質の絶対量が不足することです。

すぐに体に悪影響が出るというほどではありませんが、不足分のたんぱく質量を、肉を食べる日のみで補おうとする、かなり偏った栄養の摂り方になっていることは事実です。
炭水化物も摂取量に不足があることがデメリットのひとつで、スープダイエット中に摂ることのできる炭水化物の量は、フルーツを食べるときのみの少ない量になっているという点があります。
糖質の摂取量が不足していると、血糖値や中性脂肪の血中量を調整しにくくなるため、栄養的見地から言うと、スープ界えっとのスケジュールはあまり勧められるダイエットではないということができます。

デメリットを無視してスープダイエットでしっかりやせることができたとしても、終了後にリバウンドを起こす可能性がないわけではありません。
こういった点から、スープダイエットは短気集中的にダイエットしたいという場合のダイエット法といえるでしょう。

スポンサーサイト


簡単にできる野菜スープダイエット| ホーム | スープダイエットのスープレシピ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。