| ホーム |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

簡単にできる野菜スープダイエット

野菜スープダイエットは、どんな人でもすぐに取り掛かることができる、シンプルなダイエット法です。
ダイエット中は、この野菜スープを夕食時に必ず1杯以上食べ、それを1週間続けて毎日食べるのです。
また満腹になるまで食べても良いということです。

このようなスープダイエットをより効果的に行いたいという人は、スープを飲む以外にも、焼き魚や肉類を避ける、揚げ物、クッキー、パンなどを食べない、甘味料を控えるなどを実践するといいでしょう。

この野菜スープを毎日毎日食べ続けるのでは、まず飽きが来るのではないかと思う人もいると思いますが、味付けはどのように工夫してもかまわないことになっているので、カレー味やしょうゆ味など、好みに応じて変化を与えるとそれも防げるでしょう。

また生活が不規則で毎日きちんと夕食が摂れないという人は朝食や昼食のときに食べてもOKです。
野菜スープダイエットでは、この野菜スープを無理することなく都合のいいときに食べればいいのです。
ダイエットはその食欲との戦いだという人も多いことと思いますが、この野菜スープダイエットの場合は、野菜スープはお腹いっぱいになるまで食べることができますし、肉類も蒸したりするのであれば食べても問題はないのです。

またこの野菜スープダイエットで使う野菜スープは子供からお年寄りまで誰が食べても体に良いものです。
そのため、家族がみんなで食べてもいいというわけです。
ただスープダイエットを実践するときに、持病のある人などは問題がないか、医師に相談するようにした方がいいでしょう。

そのダイエットの効果だけでなく、体のためにもよい野菜スープを使用するスープダイエットは、体の内側からきれいになってやせることを望む人にはお勧めのダイエットです。

スポンサーサイト

スープダイエットのメリットとデメリット

スープダイエットのメリット1つ目は、やるべき事がシンプルでストレスが少ないダイエット法だという事です。
2番目のメリットとして、とにかく痩せられるということです。

ダイエットスープは、カロリーにして600~700キロカロリーほどです。
スープダイエットでは、時折食べるフルーツは500キロカロリー程度で、野菜類は300キロカロリー程度です。
スープダイエットの実施期間の7日間のうち、肉を食べない5日間に野菜スープと果物、野菜を食べたとしても1日のエネルギー摂取総量は1500キロカロリー未満となり、ほとんどの人は体重が減少する筈です。

ダイエットに関する基本的な知識も、特に必要とされてなく、誰でもすぐ始められることがスープダイエットのメリットのひとつでしょう。

スープダイエットのデメリットとしてあげられるのが、たんぱく質の絶対量が不足することです。

すぐに体に悪影響が出るというほどではありませんが、不足分のたんぱく質量を、肉を食べる日のみで補おうとする、かなり偏った栄養の摂り方になっていることは事実です。
炭水化物も摂取量に不足があることがデメリットのひとつで、スープダイエット中に摂ることのできる炭水化物の量は、フルーツを食べるときのみの少ない量になっているという点があります。
糖質の摂取量が不足していると、血糖値や中性脂肪の血中量を調整しにくくなるため、栄養的見地から言うと、スープ界えっとのスケジュールはあまり勧められるダイエットではないということができます。

デメリットを無視してスープダイエットでしっかりやせることができたとしても、終了後にリバウンドを起こす可能性がないわけではありません。
こういった点から、スープダイエットは短気集中的にダイエットしたいという場合のダイエット法といえるでしょう。

スープダイエットのスープレシピ

スープダイエットのためのダイエットスープのレシピを以下に紹介しますので、これでダイエットに挑んでみましょう。

まずは、キャベツ1/2個、玉ねぎ 大3個、ピーマン 大1個、セロリ 1/2~1本を一口大にそれぞれ切ります。
野菜を準備したら大き目の鍋にチキンスープの素1個、ホールトマト1缶と共に入れ、水をひたひたまで加えたら10分煮込み、あとは好みで煮込むようにします。
塩コショウで味付けし、好みによってチリソースやカレーパウダーを入れるなどして味に変化をつければ、ダイエットスープ完成です。

ダイエットスープは決められた7日間のスケジュール内で食べるもので、

1日目はスープとフルーツを食べます。
バナナ以外のフルーツは何を食べてもOKで、水分は水か100%果汁ジュースで補います。

次の日はスープと野菜のみを食べる日で、野菜の調理法は油を使うものでなければなんでも結構で、野菜の種類も、豆やスイートコーンを除けば何でも大丈夫です。

3日目は、スープとフルーツと野菜の日で、ダイエットスープとフルーツと野菜はすきなだけ食べてOKです。

4日目にはスープとバナナ、それにスキムミルクを摂るのですが、バナナは3本を食べ、水を多めに飲むようにしますが、スキムミルクは500CCの水で適量を溶いて飲みます。

5日目はスープと肉とトマトを食べる日ですが、豚肉か皮なしの鶏肉、もしくは煮魚350~700g、トマトは6個まで食べることができます。

6日目はスープ、牛肉、そして野菜を食べる日で、牛肉野菜共にいくら食べても大丈夫で、1杯ダイエットスープを飲みます。

最後の日には、野菜と玄米、フルーツジュースを摂るのですが、野菜、玄米、100%のフルーツジュースを摂り、ダイエットスープは1杯飲むようにします。

ダイエットスープによるダイエットとは

ダイエットスープは、脂肪燃焼スープとも呼ばれているのですが、そのダイエット法を紹介します。

ダイエットスープは、まず1週間ある決まったメニューと野菜スープ中心の食事をするというスープダイエットというダイエット法に利用される野菜スープのことなのです。

スープダイエットの注意点をいくつか例を挙げてみます。
スープダイエットでのダイエットスープは、いつでも量に制限を加えることなく食べてもいいことになっています。
こんな制限のないところがスープダイエットとの人気になっているのでしょう。

スープダイエットを行う間の7日間は、スケジュールに沿った食べ物を食べることになっています。
スープダイエット中は、麺類やパン、揚げ物のような小麦粉使った食品は食べられないようになっています。

飲み物は、水、お茶、ブラックコーヒーといった糖分なしのものに限られ、ジュースは100%ならば飲むことができます。
炭酸飲料やアルコールを飲むことはできず、砂糖等のあらゆる甘味料もダメです。
もしアルコールを前日に飲んでいて、体内にまだ残っているようであれば、24時間後にスープダイエットを始めます。

ダイエット中の食事の中で、肉を食べる日が決まっているのですが、肉は牛肉以外の脂身のついていない豚肉、そして油を使わずに調理した鶏肉、または煮魚を食べるようになっています。

スープダイエットでは、1日に必要な栄養をしっかり摂ることができない日もあって、いわば断食ダイエットとも言えるので、このダイエットを行う場合はまず体調のよいときを選ぶようにし、無理はしないようにしなければなりません。


| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。